診療案内Service

当院ではすべての妊婦さんが元気な赤ちゃんを出産するための大切な健診として、妊娠初期〜中期の方を対象に、妊婦健診を行っています。妊婦健診を定期的に受診することで問題があった場合でも、早期発見につながります。ご自身の体の異変やお悩みはもちろん、赤ちゃんを迎えるにあたって少しでも不安なことがあればスタッフにお気軽にご相談ください。

なお、当院は入院施設がないため、入院管理が必要な場合には近隣の高次施設にご紹介させていただきます。また、当院で分娩することはできませんのであらかじめご了承ください。妊娠32週以降の妊婦健診は希望する分娩施設で行っていただきます。その際には、それまでの健診情報を含めた診療情報提供書を作成しますので、遠慮なくお申し出下さい。

妊婦健診のご案内

妊婦健診について

妊婦健診は原則として私費診療です。健診には、妊婦健診料と検査料(採取料・判断料を含む)がかかります。お住まいの自治体から交付される妊婦健診補助券の枚数・補助額が補助されてますが、補助額との差額は実費負担となります。また、月内の受診回数などにより負担額に相違が生じますのでご了承ください。

妊婦健康診査(妊婦健診)では、妊娠経過が順調であるか診察することが目的です。超音波検査では赤ちゃんに異常がないか、発育は問題ないか、胎盤・羊水の異常はないかなどをチェックします。妊娠初期検査、中期検査では、万が一異常があった場合、適切に対応することで適切な母胎管理が可能となる項目をチェックします。体重、尿検査(蛋白尿)、血圧測定は、妊娠高血圧症候群(旧妊娠中毒症)の徴候がないかを早期発見するためにチェックします。
健康的な母胎管理を行うためには、すべての妊婦さんにきちんと健診を受けていただく必要があります。内容を詳しくお知りになりたい場合は、遠慮なくお尋ねください。

週数 検査内容
妊娠初期(12週頃)

随時血糖

梅毒検査

B型肝炎

C型肝炎

血液型・不規則抗体

血液一般

HTLV-1検査

HIV検査

子宮頸部細胞診

腟分泌物検査

20週頃

超音波精密検査(胎児スクリーニング)

28週頃

血液一般

随時血糖

クラミジア

30週頃

超音波精密検査(胎児発育などの検査)